Gift

難しくありません

育てる方法

胡蝶蘭はプレゼントとして貰った事がある人も多いことでしょう。 しかし、案外、胡蝶蘭の育て方は知られてません。「貰ったときは豪華で嬉しいけど、その後上手く育てられない」という人が結構多いのです。育てるのがとても難しいというイメージがあるようです。 ところが、胡蝶蘭の育て方は実際はそれほど難しくありません。良く失敗してしまう理由の大きなものは水やりの回数が多すぎることです。また、冬場の温度管理も大切です。室温が10度以下に下がらない場所に置きましょう。あとは、空調などの風や直射日光に当てないといった程度のことを気をつければ育てられるものです。上手くいけば次の年にも美しい花を見ることが出来ます。

自宅に飾ってみましょう

胡蝶蘭は贈答用として一番多く流通している花でしょう。ゴージャスな姿やそれに見合った値段が、贈答用としてぴったりなのです。しかし、ここ最近、個人が自宅で楽しむようなサイズと値段の胡蝶蘭が多くなってきています。 花がたくさん付いた数本立ちの大きな胡蝶蘭は、一般家庭やマンションの一室では、置く場所に困ることがあります。しかし、花が小さい種類で鉢のサイズが小ぶりなものでしたら、玄関や部屋のちょっとしたスペースに飾ることができます。花のカラーもピンクや筋の入ったものなど様々出てきています。 胡蝶蘭のこのような使い道が広がりつつあるのは、家全体の室温が空調設備の普及などで一定に保たれるようになったことや、品種改良などで胡蝶蘭自体が育てやすくなっていることが考えられます。 贈答用はもちろん、自宅用としてもぜひ胡蝶蘭を飾ってみましょう。小さくてもとても優雅で品のある雰囲気が楽しめます。